ニュース

プロジェクトでご一緒しているJST「科学と社会」推進部さんにて取りまとめられた2050未来像に関するレポートが、JSTホームページにて公開されました。
https://www.jst.go.jp/sis/co-creation/items/create_future2021.pdf

過去2年半の間に開催されたサイエンスアゴラやサイエンスカフェなど、合計26回のワークショップにて、課題解決に関わる研究者や、その周辺のステークホルダー(企業関係者、CHANCE賛同機関関係者、行政、市民など)からの発言を未来像として取りまとめられたものです。
未来像を、「来るだろう未来」(このまま進めば否応なく訪れる未来)と「つくりたい未来」(意思を持ってつくっていく未来)の2つに分け、さらに、「個人」「社会」「地球」の3つの視点で整理されています。
ここで示された未来像の片鱗をもとに新たな議論が起こることを狙っています。