ニュース

FCAJでは今年5月に緊急提言として、一橋大学名誉教授の野中先生と日本工学アカデミー栄誉フェローの小泉先生とともに「AFTER OR TOGETHER COVID-19には「利他」と「共感」のスピリットを」をプレスリリースいたしました。

しかしながらCOVID-19は一つの事例にすぎず、今後地球規模の新たな感染症、そして複合災害が起こる可能性が高いと考えられる中、未来のリスクを明らかにしながら、科学的思考に基づいて具体的なアクションを考えるために、8月27日に再度ウェビナーを開催いたしました。
当日は、以下の有識者から課題提起や具体的な提言をいただきました。
 ・日本工学アカデミー栄誉フェロー 小泉英明氏
 ・慶應大学グローバルリサーチインスティチュート所長 安井正人氏
 ・東京大学名誉教授 児玉龍彦氏(動画によるプレゼン)
■ウェビナーの様子は以下のサイトからも閲覧いただけます(ダイジェスト版に編集いたしました)
 <URL>https://youtu.be/SZvCDPdnHgI

上記ウェビナーに基づいて、緊急提言#2として、「科学的思考の重要性 〜COVID-19或いは新たなパンデミックにどう向き合うか」と題して、
9月2日付で添付の通りプレスリリースいたしました。
https://kyodonewsprwire.jp/release/202009013750