ニュース

100年後、人類が地球上のあらゆる生物と共存していける世界をつくるために必要な人材、「地球医=One Earth Guardians」を育成する教育プログラムが東京大学大学院農学生命科学研究科ではじまりました。
産・官・学をまきこみ、大学の中だけにとどまらないこの新しいプログラムのキックオフシンポジウムが5月18日に開催されます。

■One Earth Guardians育成プログラムについて https://www.one-earth-g.a.u-tokyo.ac.jp/

■5/18シンポジウムについて https://09dbc976ed094bb2d13c3680ab.doorkeeper.jp/events/72328

サステナビリティやSDGsがグローバルアジェンダとして掲げられる現代において非常に示唆に富む取組みであります。