ニュース

弊社代表の村田が特任研究員として参画している東京藝大によるイノベーション活動の一環で、5月19日に「音舞の調べ~超越する時間と空間~」が開催されます。
ヤマハ㈱が開発した「人工知能演奏システム」を活用し、20世紀のピアノ巨匠、故スヴァトラフ・リヒテルの演奏を再現した自動演奏と、周囲の演奏者の音とジェスチャーを認識して協調する「演奏追従技術」を組み合わせ、人間と機械による息の合ったアンサンブルを披露します。今回は世界的名演奏家集団ベルリンフィル・シャルーンの全面協力によって実現した、伝統芸術と科学技術を融合させた大変貴重な試みとなります。
【紹介URL】http://www.geidai.ac.jp/container/sogakudo/42959.html